Project

General

Profile

Actions

Bug #5390

closed

YAML.load が、正しく解析できないエンコーディングの文字列も受け付けてしまう

Added by nobuoka (yu nobuoka) almost 11 years ago. Updated about 10 years ago.

Status:
Closed
Priority:
Normal
Target version:
ruby -v:
ruby 1.9.2p290 (2011-07-09 revision 32553) [x86_64-linux]
Backport:
[ruby-dev:44573]

Description

[[ruby-list:48419]] にてバグ扱いでいいだろうという話がありましたのでバグとして報告します。

YAML.load がどのように実装されているのかコードを追いきれなかったのですが、動きを見る限り、与えられた文字列のエンコーディングを気にせずにパースしているように思います。 このため、Shift_JIS のようなエンコーディングの文字列の一部を正しくパースできません。

--- source code ---

coding: Shift_JIS

require "yaml"
text = '[ "噂" ]' # Shift_JIS の '噂' の 2 バイト目はバックスラッシュと同じバイト値
str = YAML.load( text ).first # エラー発生

--- output ---
/home/nobuoka/.rvm/rubies/ruby-1.9.2-p290/lib/ruby/1.9.1/syck.rb:135:in load': syntax error on line 0, col 9: ' (ArgumentError)
from /home/nobuoka/.rvm/rubies/ruby-1.9.2-p290/lib/ruby/1.9.1/syck.rb:135:in load' from yaml_cp932.rb:4:in '

Shift_JIS の文字列でもほとんどの場合は例外発生せずにパースされるので、Shift_JIS の文字列を使っている場合に問題が起こる可能性をユーザーが認識しづらいという問題があります。 よって、現在の動きはバグとして、以下のいずれかの動きに変更した方が良いのではないでしょうか。

*UTF-8 (UTF-16 も?) 以外のエンコーディングの文字列が渡された場合に例外を発生させる
*UTF-8 以外のエンコーディングの文字列が渡された場合に、自動的に UTF-8 に変換して処理を進める
*YAML の解析部分でエンコーディングを考慮するようにして、Shift_JIS などでも正しく解析できるようにする

Actions

Also available in: Atom PDF