Project

General

Profile

Bug #2748

fix for READ_CHECK causes failures on FreeBSD 8.0

Added by naruse (Yui NARUSE) over 9 years ago. Updated about 8 years ago.

Status:
Closed
Priority:
Normal
Target version:
-
ruby -v:
ruby 1.9.2dev (2010-02-15 trunk 26674) [x86_64-freebsd8.0]
Backport:
[ruby-dev:40430]

Description

=begin
間を置いてからの報告で申し訳ないのですが、例の READ_CHECK の修正 (r26625) が、
FreeBSD での test-all の失敗を増やします。
r26625 を revert するとこれらのテストは成功するようになります。

1) Failure:
test_read_error(TestIO) [/home/naruse/ruby/test/ruby/test_io.rb:869]:
RuntimeError expected but nothing was raised.

2) Failure:
test_readpartial_error(TestIO) [/home/naruse/ruby/test/ruby/test_io.rb:834]:
RuntimeError expected but nothing was raised.
=end


Related issues

Is duplicate of Ruby master - Bug #2712: TCPServer#gets gets stuckClosedActions

History

#1

Updated by mame (Yusuke Endoh) over 9 years ago

=begin
遠藤です。

2010年2月16日3:42 Yui NARUSE redmine@ruby-lang.org:

間を置いてからの報告で申し訳ないのですが、例の READ_CHECK の修正 (r26625) が、
FreeBSD での test-all の失敗を増やします。
r26625 を revert するとこれらのテストは成功するようになります。

[ruby-dev:40390][ruby-dev:40391][ruby-dev:40408] あたりで話しているのです
が、元の仕様上の問題です。

失敗しているテストは、読み込みバッファが破壊された時に例外が上がることを
試すテストですが、読み込みを開始してからバッファが破壊されたことを検知する
のは困難です。r26625 を revert しても EFAULT や SEGV を起こせることを確認
しています。

読み込み開始してからではなく、読み込み前にバッファ文字列をロックして、そも
そも破壊させない必要がある (例外の上がるタイミングが read ではなくバッファ
を破壊した瞬間になる、という些細な仕様変更はある) 、というのが現在の結論で
す。

がたがた言ってないで直せという話なんですが、IO に全く自信がないので誰か
やってくれると嬉しいです。
が、たぶん誰もやってくれないので今晩あたり適当にやってみようと思います。

--
Yusuke ENDOH mame@tsg.ne.jp

=end

#2

Updated by naruse (Yui NARUSE) over 9 years ago

  • Status changed from Assigned to Closed

=begin

=end

Also available in: Atom PDF